トップページ > 吸収体製品情報 > 用途から選ぶ > 各種無線利用サービス用電波吸収体

吸収体製品情報

各種無線利用サービス用電波吸収体

UFシリーズ RSシリーズ CSPシリーズ

■事例紹介
 無線LAN/無線IP電話通信障害対策
 様々なワイヤレス情報通信サービスの急速な普及にともない、オフィスや医療施設等での 電磁波通信障害や情報セキュリーティの問題が顕著化しつつあります。無線LAN、RFID、Bluetoothなどの利用が増加する中、それぞれの通信が近接する場合は 互いの干渉問題が生じる可能性があります。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

異なったワイヤレス情報通信サービスの近接による相互干渉の問題をアンテナ技術や信号処理技術によって解決出来ない場合は、電波吸収体を用いて対策する事ができます。

!上記製品を種々使用環境に合わせて特注設計する事も可能です。
!UFシリ-ズは433MHz、900MHzに合わせた特注設計も可能です。

- ページの先頭へ戻る -